2008.01 ENTRY ARTIST

2008.01.03 (19:07) - MONTHLY AWARD

01月エントリー001:サルパラダイス

プロフィール

ボーカルのユーコ、ギターのタナカを中心に2001年結成。メンバーチェンジを経て、現在のベストメンバーに至る。ポップスの枠の中、様々な楽曲をサルパラ色にアレンジするセンスは基本的に60年代の影響か。「自虐的ハッスル」を自称するライブパフォーマンスは、音楽シーンに新たな風穴を開けるだろう。自主企画イベントも毎回120人を超える動員である。

エントリー楽曲

「tokyo-sora」 
毎日何だか忙しくて今は中々会う事ができなくなった仲間。みんなどこで何しているんだろうか。時間に追われ、ため息をつきながらふと東京の空を見上げてると、あの子の顔が浮かんで来る。どこにいてもハッピーでいてほしい。そんな曲です。

show_img.php.jpeg



01月エントリー002:ラングセルモ

プロフィール

2003年に現在の形態で結成。水滴を一滴づつ大事に集めるように、このバンドの形を作り上げ、自分の持っている輝きをより強めるアプローチに繋げた。誰かに伝えたい言葉、強く伝えたいと思う気持ちは大きな力を生む。ボーカルさおりの声には、空気が音を伝え、耳に届く速度より前に「こころ」に伝える能力がある。

エントリー楽曲

「あさやけこやけ」 
捨てられないモノって、変えたくないモノって何ですか??と自分で問いかけるように書き上げた曲です。変わっていく風景、大人になっていく僕ら…でも変わらない想いはある。毎日変わらず訪れてくれる「朝」のように。そんな大事な想いをこの曲で表現いたしました。

show_img-1.php.jpeg



01月エントリー003:Come Up Smiling

プロフィール

主に関東で、ライブハウスは渋谷、川崎、横浜。ストリートは川崎、溝の口で活動中。2007年5月に結成。初ライブ以降、毎回のライブに50人集客。7月からは路上ライブも開始。10月にCD「かげおくり」を発売。300枚限定で2週間で200枚売る。そして12月1日結成6ヶ月足らずで渋谷「TAKE OFF 7」にてワンマンライブを行う。歌を生かした心に響く音楽をします。みんなが気軽に口ずさめるような覚えやすいメロディーです。是非よろしくお願いします。

エントリー楽曲

「かげおくり」 
耳に残るイントロ、歌を支えるリズム隊、そしてハイトーンボーカル。仲の良い4人だからこそ出来た音楽を聴いてみて下さい。

show_img-2.php.jpeg



01月エントリー004:クリムゾントリックスターズ

プロフィール

横浜、都内を中心に活動しているバンド、クリムゾントリックスターズです。略すとちょっと危ない気もするが、曲はしっかりとした歌モノが中心。04年に関東学院大学の音楽サークル内で結成され、現在もメンバーに学生がいるというバンドです。ちなみに「エロかっこいいのはコウダクミなんかではなく、俺らだ!」と豪語するように、キャッチーで涙がちょちょぎれるバラードはもちろんの事。エロい曲を含めた普通の「歌ものバンド」なんかではなく、ある意味ロックバンドでもあるのです。ライブパフォーマンスも特徴であります。

エントリー楽曲

「Sunshine Love〜ふたりだけのナンバー〜」 
16ビートでちょっといにしえのディスコなんかを意識して書いた曲です。間奏のギターソロは、ちょっとエリック・クラプトンっぽい(?)かなと自分で思ったりしています。でも、何よりこの曲の最大の聴き所はイントロです。正直このイントロを一度聴いたら耳から離れないのでは?っていう自信があります。

show_img-3.php.jpeg



01月エントリー005:CABLLETS

プロフィール

独自の美学に基づいた秀逸なメロディと歌詞が素晴らしい、3ピースバンド、CABLLETS。12/26に初の全国流通アルバム「Puzzle in the Room」をリリースします。時にノスタルジックで切なく、時に強い叫びのように響く彼らの音楽。ライブでも圧倒的なパフォーマンスを見せます。1/28 には下北沢CLUB QUEにてレコ発ライブが決定!ベースの杉本は横浜出身で、市ケ尾在住です。

エントリー楽曲

「スルー」 
叙情的な歌詞とメロディが美しい、CABLLETS史上最高の名曲とも言われている「スルー」。独特の構成とギター・リフが耳に残る、オリジナリティ溢れる作品です。

show_img-4.php.jpeg



01月エントリー006:scarf

プロフィール

耳に残るメロディと歌、しなやかなドラム、メロディックなベースライン。一見普通の男子女子ですが、ライブで音が鳴ればエモーショナルな演奏を見せます。MCは苦手ですが、良い意味で独特な雰囲気だと思います。

エントリー楽曲

「世界の果ての静寂」 
サビのメロディとコーラス、ギターの絡みとアウトロの激しくも緻密に絡みあう所がポイント。Scarfの中でもエモーショナルな一曲です。

show_img-5.php.jpeg



01月エントリー007:Dark★staA

プロフィール

横浜上大岡出身MXTURE BAND!!中学からの活動を経て2007年9月に1stミニアルバム「ヘミオラ」を全国リリース。横浜を中心に売れ行きを延ばしている。自らイベント「黒春」も2007年9月に横浜ベイホールで5回目を迎えた。550人という集客力、圧倒的なパフォーマンスで成長をアピールした。2007年11月によしもとRand Cから発売されるV.Aにも参加し、今一番勢いのあるバンドだ!!

エントリー楽曲

「C.B.Riders」 
インディーズでこの完成度はあり得ない。是非聴いて下さい。横浜のとびきり明るい不良です。

show_img-6.php.jpeg



01月エントリー008:矢吹屋

プロフィール

2006年結成。2007年現メンバーに。全員福島県出身。田舎のロックンロールです。

エントリー楽曲

「中央線」 
田舎者は、中央線に乗って都会へ出て、中央線に乗ってまた田舎に帰るんです。

show_img-7.php.jpeg



01月エントリー009:野村タロウ

プロフィール

どうも、野村タロウです。東京、神奈川のライブハウス、カフェ、路上等色んな場所で、バンド、弾き語り等色んな編成でライブ活動しています。大人になりきれない、子供には戻れない。そんな25才みたいな気持ちで(28才ですが)歌っております。

エントリー楽曲

「リンネ」 
楽曲紹介>タイトルは、過ちは繰り返されるなあ、という所から来ています。元々とてもゆるい曲だったんですが、アレンジしていたら思いのほかバーン!とした曲になり、今ではライブに必要不可欠な曲になりました。

show_img-8.php.jpeg


タグ:
関連記事

新着番組ブログ
  • 3/26 TOWER OF MUSIC vol.87 をプレイバック
  • Welcome!YMA 最後のゲストは、DJみそしるとMCごはん!
  • 432組目(最終組) こどもからおじいさんまで揺れるハッピーチューン Dokkoise House
  • カネコアヤノ 4/26リリースされる2nd EP『ひかれあい』から「天使とスーパーカー」をカ・イ・キ・ン
  • 431組目 戦う君へ君の勇気に音楽になれ OCEAN
  • →番組ブログ記事一覧を見る
新着ニュース
  • 今週のYMA ▶︎ゲスト: DJみそしるとMCごはん ▶︎ カネコアヤノ、新曲オンエア ▶︎ 見田村千晴、おかもとえみ、The Wisely Brothers ライブ音源 ▶︎ 今週4回の放送でYMA終了です
  • 今週のYMA ▶︎ゲスト: 安部勇磨(never young beach) / おかもとえみ ▶︎ Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)のANNEX 最終回
  • 今週のYMA ▶︎ゲスト: 内村イタル / 永原真夏 ▶︎ sumikaのANNEX 最終回
  • YMA最後のライブハウスイベント「深夜ラジオ大感謝祭」、全出演者決定!
  • 今週のYMA ▶︎ゲスト: ZOMBIE-CHANG ▶︎ A11yourDays、新曲オンエア ▶︎ WONKのANNEX 最終回
  • →ニュース記事一覧を見る